アクアダイアリー2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリードにおける奇形のお話

すっかり夏ですね。飼育者、飼育魚ともに調子を崩しやすい季節です。体調管理、健康管理には十分気を付けたいですね。


さて、今日は独り言です。

プレコのブリードにおいて、様々な『定説』や『常識』と化したようなモノが存在しておりますが実際はどうなんでしょうね?

その中でもブリードされた皆さんが一度は経験されるであろう奇形のお話。

順調に育っているのに『ナゼだ?』と首がもげるような思いをされたことがあるのではないでしょうか?

DSC_0968.jpg
DSC_1157.jpg
↑インペとキンペコ(L333)の卵


いわゆるドンキーや、ヒレ曲がり、顔がやけに小さくなるといった奇形を見る機会は多いかと思います。

『遺伝する』なんて話も出ているようですが、少なくとも私の知っているドンキーやその他の奇形については、私の経験上『遺伝はしない』と推測しております。



もし仮にですよ?遺伝するとしたら、ワイルドでそういった個体をもっと目にするはずですよ?

ブリードしていきなりそんな遺伝がポンっと出てくる根拠は??

ならば、ブリードして出てくる=ブリード下における『何か』が影響してると考えるのがごく自然。

何でもかんでも遺伝とするのは少し乱暴だと思いますケド。


要するにこういう事です。

〇もし遺伝ならばワイルドで奇形がほぼ皆無なのはなぜ?(0ではない。プレコ王国←クリックでリンク先へ参照。)
〇遺伝ならば、ブリードにおいていきなりその遺伝が表面化する根拠は何?
〇ブリードでよく見られる現象ならば、ブリードにおける『何か』が原因と考えるのが自然ではないか?

もっといろいろ考えられるでしょうが。個人の意見にとらわれることなく、こんな感じで疑問に思う事を皆さんでディスカッションしても面白そうです。


プレコブリードにおける『定説』や『常識』なんてまやかし、嘘っぱちが多いのが現状に思えます


とある有名ショップのブログにて『遺伝する』とのお話がありました。経験則からのお話とのことでしたが、恐らくはく色々な環境を用意して試された結果ではないと思います。

もちろん私はどういった工夫をされてきたのか知りません。奇形を克服しようとある程度環境を変えて試されたかもしれませんが、似たような環境からは似たような結果しか出ません


DSC_0094.jpg
↑L236稚魚



さてここからは私が経験したお話です。

まず結論から、ドンキーの親から得られた子供でもキレイに育ちます

そしてその逆もしかりです。綺麗なワイルド同士からでも平気でドンキーは出ます


私自身もかなりの稚魚を犠牲にし、その度にトラウマになりながらも、何年も色々な実験を繰り返し、そして現在に至ります

それでも油断をすれば奇形は出てしまいます。

ちなみに私は人様に公開することを目的として研究してきたわけではありません。よってデータなどは記録しておりませんし、あっても公開するつもりはありません。すべては私の頭の中に入っております(笑)

DSC_1750.jpg
↑L173稚魚


私はドンキーやそのほかの奇形(顔が小さい、肩がへこむ等)、ヒレ曲がりの一部など、『成長』と密接な関係があると推測しております。

そして『成長』を阻害する要素のある環境で育成すると、『ドンキー』『奇形』はもちろん、『腹水』『ヨークサック吸収不全』『成長が極端に遅い』『痩せ落ち』等も見られることが多いと感じます。

ヨークサックを吸収しないのも、あることが原因で成長を阻害されるからと考えてます。

例を挙げるとするならば、ヨークサック吸収までに数匹落ち、残った個体もドンキー気味が多い、、、等。

いかがですか?心当たりはありませんか?

DSC_1915.jpg
DSC_1921.jpg
↑L173稚魚。成長不良気味の場合、この段階でドンキー気味になる。


ただしです。種によって『ドンキー』や『奇形』等、出やすい出にくいがあるのは私も感じております。つまりは成長不良が出やすい出にくい、これは単に種における『成長の強さ』が関係していると思っています。

そしてその理由から累代の影響も少なからず関係してくると考えます


例えばインペとキンペコを比べた場合には、食の細い(成長の遅い)インペの方が奇形率が高いと思います。食欲旺盛なキンペコ類は成長も早く奇形も出にくいです。

さらに同じキンペコでもL333に比べ、L66系のほうが奇形が出にくいのも感じております。そしてブリード同士の子供は奇形が出やすいというのも感じています。

そもそも親に使ったブリード魚がしっかりと成長できていない可能性も否定できません。
(奇形が出る環境で育った親が健康に育ったという保証もないですし、そもそも自然と水槽内では環境が違いすぎます。)

さらには累代による影響で体質的に弱くなっているという部分も否定はできないでしょう。

(ついでにお話ししますが、ブリードインペの稚魚期イレギュラーバンド。よく見ると成長不良気味の個体に多く見られますね!ちなみに成長とともに元に戻るケースも多いですよ。ブリードで多く見られる現象なので考え方としては一緒です。)
(またキンペコなどの極端に白勝ちの個体なども、ほかの兄弟魚に比べて小さい個体が多い気がしますが。気になるところですね。)


DSC_1997.jpg
DSC_2003.jpg
↑インペ稚魚。この時点でしっかり成長していれば、餌食いもよく恐ろしいほど成長が早い。



先にも書きましたが私自身、成長不良について長年苦しみました。

一つ言えるのはすべては育て方次第です。

完璧に育つ環境というのは存在すると考えます(=限りになく自然に近い環境??)。その環境下に近づけてやることで、ドンキー等の奇形、一切の成長不良等出さず、しかも成長のスピードが段違いに早いのが実感できます。

(ちなみに『蹴りだし』や『食卵』などもリンクしてくると思いますよ。)


稚魚の時代にどれだけ適切な環境で、必要な栄養が摂取できるかが大きなカギです。

これにより、健康に育ち、成長も早く、健全な親となりうると考えます。(もちろん細かいことを言えば個体差はあります。)


他の魚種でも同じですし、動物界全般に言える共通項だと思うのです。

DSC_0375.jpg
DSC_0553.jpg
↑L173稚魚。この後も育成次第では奇形になる可能性も。
 下の稚魚は2.5センチ程。奥に写るのはドームシェルターです。これだけ小さくても堂々としたフォルムだと思いませんか?



結論
〇ドンキーやその他の奇形はそのほとんどが後天的な奇形(成長不良)
〇環境次第で十分回避できる。
〇特に大事なのは孵化後~餌をとり始めるまでの環境。


かなり大きなヒントがあちこち隠されています。あとは魚をよく観察してみてください。

ただしこれは私の経験と考え方です。


本当に好きならば自分で色々考え、根拠に基づき環境を作り、そして結果を楽しむ

趣味とは決して人から教えてもらったり、人の決めつけで楽しむものではないと思います。

色々な情報が飛び交っておりますが、惑わされることなく自分なりに答えを探して、培った経験で皆さんと討論するのが良いかもしれません。


あ、独り言なので質問は受け付けませーん、悪しからず(笑)

スポンサーサイト

ダンプティ×L236の親画像

久々の更新です。七夕ですね~!、、、特に意味はないです(笑)


あ、PC買いました!サポ切れのVistaからWin10への乗り換えで、しかも詳しくないですがインテル第5世代?SSDモデル?とにかくサクサク快適です♪

この調子でブログのほうもサクサクッ!と更新増やしていきたい。。。ですね。。。^^;


本日は私のショップのほうでも販売させてもらっています『ダンプティ×L236』の種親を公開します!

と偉そうに言っておりますが、実は購入者の方からリクエストがありました^^


現在キンペコの世界は血統が重要視されるようになってきました。

もちろんこの魚の持つ魅力、そしてブリードにおいての重要な要素はそれだけではないのですが、血統の明記は『一つの物差し』として役立っているのは事実です。

ただし、その情報は販売者、もしくはブリーダーの発信する一方的なモノです。

購入者はそれを信じるしかないわけで、そしてこれは信用問題に関わってくることです。


有名血統にはおおよその『ソレ』らしい特徴もありますが、『ソレ』ですべてが見抜けるわけじゃはありません。

〇〇っぽい表現だねっていうのは確かにありますけど、モチロン絶対じゃあないですよね。



ですから、血統を重視され、しっかり維持管理されている方は、必ず信用のあるショップ、ブリーダーの血統を購入されることをお勧めします!

日本のみならず、海外から輸入されてくる魚のインボイスもあてにならなくなっています。もちろん問屋経由でもです!

自分では血統を管理してるつもりでも、知らずのうちに『意図しない雑種』を作り出してしまうかもしれません。

もちろん表現重視で交配させる楽しみもありますから、そこは皆さんのご自由に楽しんでいただけたらと思います!


と、話が長くなりそうなので、今日はこの辺で、、、(笑)。


ダンプA L
ダンプA R
ダンプA U
↑ダンプティ血統F1♂。ダンプティの♂は貴重と言われておりますが、当方の所有するダンプは♂ばかり。
 写真ではわかりづらいですが、ダンプティ『らしい』純白の個体です。

L236C L
L236C R
L236C U
↑こちらはL236ドイツ系統の♀個体。当方で純血(?)L236でリリースする個体の親とはまた別の♀です。
 こちらも白い個体で、メリハリも強めの個体です。L236にありがちなドギツイ表現ではないと思います。


当方のリリースするダンプティ×L236はこの親のみです。ウチではメスを2匹あてることは少ないので。。。

写真では分かりづらいのですが、双方同じ白でも質感が異なります。生まれてくる子供はL236同士の子よりも白が濃いです。

そして平均的にメリハリがあり、双方の特徴をよく受け継いだ表現だと思います。

1匹だけL236のSグレード級の子が採れましたが、基本どの個体も平均的に良い表現です。

圧倒的な派手さはないかもしれませんが、くどくなくて好感が持てる系統だと思っています。

ちなみに現在子は取れていないので、数はそこまでいません。



ウチの環境は皆さんが思っている以上に手狭な環境だと思います。ウチよりももっといい環境で、そして広い中ノビノビと泳がせて、育ててらっしゃる方はとても多いでしょう。

ただ私自身の、限られたスペースの中でも『系統管理』だけはこだわりを持って維持しております!

成長に合わせて系統ごとの稚魚の引っ越しをかなりのペースで行っています。

それも小さいうちから、皆さんビックリするくらい移動させています!

混ざらないよう区分けし、さらにしっかり育て上げること。お金を出して買っていただく以上、責任をもって管理し育てております。


血統は確かに大事、でも同じダンプティ、L236でも表現は様々です。そして親の表現によって採れる子の表現が微妙に変わってくるのも当然なはずですよね?


な・の・で、今後もリクエストがあればどんどん公開していきます。なくても公開していくかもです!(笑)


※ツイッター始めました。主にショップの情報を発信していきます。@tkp_breed(クリックまたはタップで移動!)で検索!フォローしてね(笑)


L236のトップ個体色々

今日は撮り溜めして放置していたL236の画像を紹介します。すみません、遅くなりました^^;

ドイツのキンペコ系統の歴史は日本より深く、白地の面積を増やすこと、柄の少なさに特化した個体を作出するために、色々と交配してきたであろうと予想されます。

なぜなら採れた子のバラエティ豊かな表現を見ればそれが一つの裏付けになると思います。

で、その中でも明らかに表現の違う子がおよそ1割ほど生まれてきます。

この表現がどういったルーツで表れているのかは残念ながら分かりませんが、ドイツのブリーダーたちが目指してきた完成形に近い表現なのかもしれませんね。

謎の多いドイツ系統ですが『こんな子が採れる系統です』という現在までの結果としてお伝え出来たらなと思います。

過去に販売した個体たちも含まれていますことをご了承くださいませ。

写真はすべて当方でブリードしたL236の兄弟たちです。


DSC_0990.jpg
DSC_0992.jpg
DSC_1277.jpg
DSC_1278.jpg
DSC_1280.jpg
DSC_1286.jpg
DSC_1444.jpg
DSC_1457.jpg
DSC_1460.jpg
DSC_1463.jpg
DSC_1608.jpg
DSC_1609.jpg
DSC_1610.jpg
DSC_1615.jpg
DSC_1977.jpg
DSC_1978.jpg
DSC_1979.jpg
DSC_1986.jpg
DSC_2013.jpg
DSC_2045.jpg
DSC_2047.jpg
DSC_2113.jpg

顔のラインの太さ、背ビレの模様パターンや、体側中央の模様の少なさなど。やはり独特の雰囲気がありますね。

下から2枚目の個体は色素の薄い個体です。写真があまりよくないので伝わりにくいですがちょっと他と違います。


表現の劣る個体からでも、また他系統のキンペコとの交配でも、今回紹介した個体たちのようなアッというのが生まれています。

京都フィンさんのDADAさんのブリード等でも見かけましたね。

うちでもダンプティとかけた子供からこんな表現の子が採れています。

血が濃いなどと表現されますが、子の表現を見ると確かにその傾向は強いかもしれませんね。

L236はドイツ人の作出した改良品種系統ですが、他のキンペコ系と比べても、とても丈夫で物怖じしない性格で非常に育てやすい系統です。

まずは手っ取り早く、綺麗な子供を採ってみたい方にはお勧めの系統だといえると思います。意外と初心者向きかも知れません!

若干ですがL236をショッピングカートにアップしていますのでご覧くださいね。

TKP.Breedショップ←コチラから



動画も上げてみました。写真よりも動画のほうが魅力的に映りますね~。今後はリクエストがあれば動画も交えて解説していけたらいいかなと思っています。



TKP.ブリードショップ、オープンいたします。

この度、自家繁殖ブリード個体、飼育グッズ類の販売を目的としたネットショップ『TKP.ブリードショップ』を開業する運びとなりました。

TKP.ブリードショップ
↑コチラをクリックしていただけると飛べます

興味のある方はもちろん、そうでない方も是非一度覗いてみてくださいね!

L236ドイツ系統 →オープン記念特価¥10000~

ゴールデンキングタイガー1匹→¥1800

稚魚用シェルターMサイズ 3個セット→¥780


※当面の間、試験運用とさせていただきます。至らぬ点等多々有るかもしれませんが、何卒ご了承くださいませ。


是非ご覧になってみてくださいね!





キンペコ辞典 2017年4/13

ア行
インペリアルゼブラ
 言わずと知れたHypancistrus属の代表種。青みががった白地に明瞭な黒の縦ラインがはいる。シングー川のアルタミラ周辺の狭い範囲に生息するがわずかながら地域差が見られる模様。
 ラインの乱れる個体などは『イレギュラーインペ』等と区別されることもある。また極端に細いラインやドットが現れる個体など希少な特殊表現の個体も存在する。
 2017年にサイテス3属に登録されWild個体の入荷が絶望的になった。Lナンバー=L46。

インペリアルダップルド
 流通するニューインペリアルダップルドとは別モノ。特殊な表現の1個体につけられた名称で種としては存在しているかは不明。

Will(ウィル) LINE(血統)
 ドイツのブリーダー、ウィル氏の作出したL236系系統の総称。ちなみに系統の名称であるため、氏のブリードした個体である保証はない。スーパーメガクラウンゼブラなどの名称で国内でも販売された。(血統の名称)

L333スペシャル(血統)
 ダンプティ氏所有のワイルドメガクラウンゼブラの1ペアから得られた子達の血筋。L333系特有の大柄な表現が特徴。(血統の名称)

俺の一匹(血統)
 愛知のショップ、アクアズ山口氏が所有していたキンペコから得られた特殊な一匹が元祖。その後愛好家であるIMA氏が所有していたCF系統の♀と掛け合わせた個体が少量流通。そして現在販売されている個体は更にL66を掛け合わせた系統と掛け戻したB1個体とのこと。(血統の名称)


カ行
キングタイガー(ペコルティア)
 通称キンペコ。シングーを代表する小型プレコで中流域に生息する細身のHypancistrus属の一種で、後のL66系統に与えられた名称。体高は低く大きなヒレを持ちスレンダーな体型。大きな目も特徴。白、灰褐色~ベージュの地色に茶色味を帯びたラインが密に入るのが基本。
 キングロイヤルペコルティアとどちらもキンペコと言う略称から混同され、ほとんどがキングロイヤルと呼ばれるようになった。そのため最近ではキングタイガーとして流通する事は少ない。極まれに反転個体や、海外ではアルビノも作出される。代表的なLナンバー=L66

キングロイヤル(ペコルティア)
 通称キンペコ。キングタイガーペコルティアがL66系統に対し、コチラは下流域に生息する主にL333系統に与えられた名称。体高がありがっしりした体型。白、灰、黄色の地肌に比較的明瞭な黒いラインが入る。
 現在は混同されて、キンペコ=キングロイヤルペコルティアと表記されることが多い。代表的なLナンバー=L333

金目
 キンペコ系プレコの代表的な目の色の表現。文字通り金色に輝く目を指す。

キンペコ
 キングタイガーペコルティア、キングロイヤルペコルティアの略称。

クイーンインペリアルゼブラ
 シングー中流、インペリアルゼブラやL66系が混棲する場所で捕獲された細身のHypancistrus属に与えられた流通名称。現在この流通名は使われることはなく、後に与えられたL399やL400などと関係があるように思える。タパジョス原産の『クイーンインペリアルタイガープレコ』とは全くの別物。

ゴールデンキングロイヤル
 名の通り体色がゴールデン(イエロー系)の個体(群)に与えられる流通名。
 

サ行
CF血統(血統)
 かつてメガクラウンゼブラやスーパーインペリアルゼブラのコレクターであったCF氏所有の個体から得られた子達の血筋の総称。複数個体を所有していたため正確に親のルーツを探ることは困難の模様。
 氏の代表系統であるである『リアルメガクラウンゼブラ』はどちらかと言うとホワイトロイヤル系の特殊個体の系統に思える。(血統の名称)

スーパーインペリアルゼブラ
 インペリアルゼブラと生息地の被るキンペコ系とのハイブリッドとされる種。L98、L250、L399やL400、クイーンインペリアルゼブラ等との関連性も高いと思われる。ハイブリッドであるが故にその定義や、人工的に掛け合わせた個体がその名称を与えられるべきか等、未だに多くの議論がなされており、混乱の種になっている。
 近年ブリードでスーパーインペリアルゼブラと表記される個体が多く流通しているが、個人的にはキンペコと掛け合わせた人為的なハイブリッドに思える。Lナンバー=L173

スーパーダップルド(血統)
 ナナシー氏の作出したハイブリッド血統に名づけられた流通名。♂がWildニューインペリアルダップルド、♀がダンプティ氏ブリードのL333スペシャルから得られた個体達である。親とは似ても似つかぬ表現が現れるなど、意外性の高いハイブリッド。現在はF2がリリースされている。(血統の名称)

タ行
ドット
 

ナ行
ニューインペリアルダップルド
 シングー中流の深場に生息されるというHypancistrus属。同属ではもっとも小型な部類に入る。小さな目と丸みを帯びた体形が特徴で、体色は茶褐色~灰色。黒いスポットが現れダルメシアン柄などとも形容されるが、スポットの大小など個体差もしくは地域差が意外と大きい。
 L399、L400等は同種と生息域の被るキンペコ系とのハイブリッドとされている。極稀に特殊個体も見られる。海外ではアルビノも出現している模様。『インペリアルダップルド』とは別種であり、区別するために『ニュー』が冠されている。LナンバーはL174

ニューメガクラウンゼブラ
 京都のアクアショップフィンの店主により命名された流通名。種としてはキンペコと同一であるが、表現の美しい『メガクラウンゼブラ』程ではないが、キンペコと呼ぶには惜しいほど美しい個体達に与えられたのが始まりであろうと記憶する。
 近年では『メガクラウンゼブラ』の得られる系統からとれた普通表現の個体達にも用いられることが多く、明確な定義はないものと思われる。(流通名の一つ)

ネガティブ
 キンペコの特殊個体の表現の一つで、白地部分と黒字部分が逆転したように見える表現を持つ個体の総称。『ブラックエッジ』や『ドット』といった特徴が表れやすい。
 CF血統、L333スペシャル、俺の一匹血統などのトップ個体はネガティブと呼べる個体が多く産出されている。またこの表現は遺伝することが分かっているが明確なメカニズムは不明。(表現の名称)

ハ行
ハニービープレコ


反転
 

ブラックエッジ
 


ホワイトロイヤルゼブラ
 下流域に生息する種で、ややぼやけた大柄な白いラインを有する、キングロイヤルより小型種。ゴールデンキングロイヤル等と区別するために与えられた名称。幼魚期はどんなにキレイでも、成長とともに模様がぼやけ、ラインが薄くなり全体的に黒くなることがほとんど。


マ行
メガクラウンゼブラ
 



※この記事は主に『キンペコ』にまつわる専門用語、及び関連性の高いキーワードを中心に、ビギナーの方にも楽しんでもらえるようにとまとめさせていただきました。個人的な考えや記憶などが含まれてる部分がありますがご了承ください。間違いなどありましたらご指摘くださいませ。

 未完成な部分もありますが少しずつ埋めていきますので、どうか温かい目で見てやってください(笑)

 なおキンペコ系の地色とラインの関係は、地色=黒、ライン=白が本来ですが、分かりやすくするためにインペなどと同じく地色=白、ライン=黒とさせていただきました。近年では後者がスタンダードな表現となりつつあると思われます。

 また、当辞典に対するご意見、掲載してほしいリクエストなどもお気軽にコメントいただけたらと思います。随時更新していきます。

 

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

TKP.

Author:TKP.
主に小型プレコの繁殖を中心に書いています。

まだまだ広まり始めた狭い世界です。色々な情報を共有できたらいいなと思っています。

どうぞお気軽にコメントください♪

^^v

カテゴリ

未分類 (2)
カテゴリなし (1)
インペリアルゼブラプレコ(L46) (0)
スーパーインペリアルゼブラ(L173) (1)
L236(ドイツ系統) (2)
ホワイトゼブラプレコ (0)
キングロイヤルペコルティア (0)
ニューインペリアルダップルド(L174) (0)
クイーンインペリアルタイガー(L134) (0)
コリドラス (1)
お手軽DIY (1)
便利グッズ (1)
熱帯魚飼料 (0)
プレコ飼料 (1)
飼育水槽 (3)
キンペコの常識、非常識 (2)
一人言 (5)
アクアリウムバス (3)
キンペコ辞典 (1)
TKP.ブリードショップより (2)

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

最新トラックバック

広告

広告

TKP.Breedショップはコチラから

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログ始めませんか?

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。