アクアダイアリー2nd

L236のトップ個体色々

今日は撮り溜めして放置していたL236の画像を紹介します。すみません、遅くなりました^^;

ドイツのキンペコ系統の歴史は日本より深く、白地の面積を増やすこと、柄の少なさに特化した個体を作出するために、色々と交配してきたであろうと予想されます。

なぜなら採れた子のバラエティ豊かな表現を見ればそれが一つの裏付けになると思います。

で、その中でも明らかに表現の違う子がおよそ1割ほど生まれてきます。

この表現がどういったルーツで表れているのかは残念ながら分かりませんが、ドイツのブリーダーたちが目指してきた完成形に近い表現なのかもしれませんね。

謎の多いドイツ系統ですが『こんな子が採れる系統です』という現在までの結果としてお伝え出来たらなと思います。

過去に販売した個体たちも含まれていますことをご了承くださいませ。

写真はすべて当方でブリードしたL236の兄弟たちです。


DSC_0990.jpg
DSC_0992.jpg
DSC_1277.jpg
DSC_1278.jpg
DSC_1280.jpg
DSC_1286.jpg
DSC_1444.jpg
DSC_1457.jpg
DSC_1460.jpg
DSC_1463.jpg
DSC_1608.jpg
DSC_1609.jpg
DSC_1610.jpg
DSC_1615.jpg
DSC_1977.jpg
DSC_1978.jpg
DSC_1979.jpg
DSC_1986.jpg
DSC_2013.jpg
DSC_2045.jpg
DSC_2047.jpg
DSC_2113.jpg

顔のラインの太さ、背ビレの模様パターンや、体側中央の模様の少なさなど。やはり独特の雰囲気がありますね。

下から2枚目の個体は色素の薄い個体です。写真があまりよくないので伝わりにくいですがちょっと他と違います。


表現の劣る個体からでも、また他系統のキンペコとの交配でも、今回紹介した個体たちのようなアッというのが生まれています。

京都フィンさんのDADAさんのブリード等でも見かけましたね。

うちでもダンプティとかけた子供からこんな表現の子が採れています。

血が濃いなどと表現されますが、子の表現を見ると確かにその傾向は強いかもしれませんね。

L236はドイツ人の作出した改良品種系統ですが、他のキンペコ系と比べても、とても丈夫で物怖じしない性格で非常に育てやすい系統です。

まずは手っ取り早く、綺麗な子供を採ってみたい方にはお勧めの系統だといえると思います。意外と初心者向きかも知れません!

若干ですがL236をショッピングカートにアップしていますのでご覧くださいね。

TKP.Breedショップ←コチラから



動画も上げてみました。写真よりも動画のほうが魅力的に映りますね~。今後はリクエストがあれば動画も交えて解説していけたらいいかなと思っています。



L236(ドイツ系統)の稚魚たち

ご無沙汰しております。色々事情がありブログの更新も滞ってしましました。このブログを楽しみにしてくださっている方がいるのか分かりませんが(笑)マイペースで更新頑張ります。

さて今回はL236と呼ばれている系統についてです。

過去よりまれに入荷するドイツ系統のキンペコ系の中で、異彩を放っているのがこの系統。2年ほど前に大量に入荷があったのでご存知の方も多いと思います。


元々L236はシングー上流の分岐した先、イリリ川にて採集される個体群に与えられたLナンバーです。

ニューインペリアルダップルドによく似た体形を持つ小型プレコとして、海外の書籍やサイトにも出てくる種ですが、、、

一方でイリリ川では小型プレコは採取できないという話もあったり、最近では日本でいうところの『メガクラリアル』に相当する反転個体につけられるナンバーと化していたり、いまひとつハッキリとしないLナンバーの一つであります。(そもそもLナンバー自体が非常に曖昧だったりしますが、、、)


私が所有するL236は2014年に入荷した「ドイツブリード」個体です。最近まとまって稚魚が取れたので記録としてアップさせていただきます。

DSC_0118 (281x500)
↑ペアリングの様子。オスは白系、メスは黄色系(A系統とする)。容赦なくライト当てますよ(笑)

DSC_0094 (500x281)
↑A系統、孵化後1日目。ヨークサックは黄色く一般的なキンペコと同等

DSC_0101 (500x281)
DSC_0116 (500x281)
↑A系統、孵化後4日~5日目。うっすら色づき始める。模様はやや茶色っぽく出方も淡い感じ。目も特徴があり色々とキンペコとは違う印象。体形は独特でキンペコなどよりも体高があり、L236オリジナル(ダップルド体形)に近い印象。

DSC_0293 (500x281)
↑こちらはメス親違いで白系のメス(B系統)。ヨークサックはかなり小さく、色も薄くレモンイエロー。大きさは初産の影響かもしれない。

DSC_0327 (500x281)
↑B系統、孵化後8日目。A系統とは違い白系の子のみ。全体的に透明感がある。もしかして透明鱗の系統なのか?


以下すべてA系統の子。
DSC_0125 (500x281)
↑典型的なダルメシアン柄になりつつある。

DSC_0160 (500x281)
↑顔のラインの太さに個体差がある。細いラインの個体は成長しても細ラインを維持する傾向がある様に思える。

DSC_0161 (500x281)
↑この様にラインが薄い個体はグレー体色を呈することが多い。

DSC_0181 (500x281)
↑色は白、グレー、黄、淡いベージュが混在。ライン系、ゴマ塩系(のちに繋がると予想される)など。やはり色々な血が混ざってる感じがしますね。

DSC_0203 (500x281)
↑我が家では今まで出現したことのないショートボディ。インブリードなどの影響なのか?この1匹のみ。

DSC_0227 (500x281)
DSC_0228 (500x281)
DSC_0232 (500x281)
DSC_0236 (500x281)
DSC_0347 (500x281)
DSC_0348 (500x281)
↑現在の稚魚たち。生後2~3か月。色や模様がバラエティに富んでいる。今のところ、一番下の写真の個体が一番黒勝ちな個体。今後の成長とともにさらに変化するものと思われる。


ご覧いただいたように、ドイツブリードL236として流通されている種は、ハイブリッドの可能性が高いと思われますが、体形が非常に特徴的であり、オリジナルのL236として過去に紹介された個体たちと非常によく似ているともいえます。

ただのキンペコのハイブリッドではないだろうと私は推測していますが、多くは謎です。


一方、現在L236として国内で流通する個体は、インドネシアを中心とした東南アジアで養殖された個体群がほとんどで、表現もさほど特徴のない個体が多く感じます。

(それら養殖個体群は『L236で入荷しました』と注釈されていることが多いのですが、ショップでは『ヒパンキSP』とひとくくりにされ、原産国の明記がないのも特徴です。)

子はややきれいなキンペコといった感じで、親の表現が分からないのでどこまで信用できる個体たちなのか疑問が多く残ります。

体形もキンペコに近い印象です。


自分の好みの個体を入手するのは非常に大事なことですし、各々の自由です。

しかしながら今後の系統維持を意識するのであれば、ルーツを知り、理解していくことも必要なのかもしれませんね。

販売する側も、今後の系統や血統の透明性を維持するために、『明確な表記、販売名』をもっと徹底してほしいかなと正直思うところであります。


 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

TKP.

Author:TKP.
主に小型プレコの繁殖を中心に書いています。

まだまだ広まり始めた狭い世界です。色々な情報を共有できたらいいなと思っています。

どうぞお気軽にコメントください♪

^^v

カテゴリ

未分類 (2)
カテゴリなし (1)
インペリアルゼブラプレコ(L46) (0)
スーパーインペリアルゼブラ(L173) (1)
L236(ドイツ系統) (2)
ホワイトゼブラプレコ (0)
キングロイヤルペコルティア (0)
ニューインペリアルダップルド(L174) (0)
クイーンインペリアルタイガー(L134) (0)
コリドラス (1)
お手軽DIY (1)
便利グッズ (1)
熱帯魚飼料 (0)
プレコ飼料 (1)
飼育水槽 (3)
キンペコの常識、非常識 (2)
一人言 (6)
アクアリウムバス (3)
キンペコ辞典 (1)
TKP.ブリードショップより (2)
オトシンネグロ (0)

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

最新トラックバック

広告

広告

TKP.Breedショップはコチラから

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログ始めませんか?

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん